ミニピンの男の子・Roche(ロッシュ)とイタグレの女の子・CIPHER(サイファ)のドタバタ成長日記です♪
with dogs~ミニピンRocheとイタグレCIPHERの成長日記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4.23 消えてしまった小さな光

*今回の日記はワンコとは全く関係のない内容です*


先週の4月22日(金)と23日(土)はとっても楽しみにしていたミニピン旅行でした。
お友達と浜名湖にある「ぺろはまなこ」さんにお泊りして、
翌日は愛知県で東海ピンズとツルツルオフ会に参加する予定でした。

しかし、楽しみにしていた旅行には参加できませんでした。

21日(木)の深夜、実家から弟が危ない状態だという電話がありました。
そして4月23日 17時25分、弟は家族に見守られながら息をひきとりました。

享年29歳。
短すぎる一生でした。

弟は生まれながらにして障害をもっている子でした。
成長障害・発育障害・重度のアレルギーなど。
そして成長するにつれてたくさんの病気も併発していいました。
29歳でしたが、見た目も知能も小学生の1年生か2年生程度でした。

特に可哀相だったのは、アレルギーでした。
食べるものは限られ、紫外線も絶対ダメ、肌に触れるものも特定の物じゃないとダメ・・・。
私たちが今普通に口にしているもので彼が食べれたものって限られた野菜や果物くらいでした。
お肉は全くNGだし、お魚も限られたものしか食べられませんでした。
紫外線もダメで紫外線に当った時には皮膚が赤くはれ上がり一時は象の皮膚みたいになっていたこともあります。
なので普通の子供みたいにお天気がいい時に外で元気に走り回ることもできず、
どうしても外に出るときは長袖・長ズボンに帽子、紫外線カットの大きな傘をさしていました。

そんな生活でも彼は私たちの物を食べたいということはありませんでした。
食べてしまったらどうなるかが彼にはちゃんとわかっていたんだと思います。

弟の体調がおかしくなったのは3月11日。
病院の駐車場から歩いている時ももう歩けないと地面にしゃがみこんでしまったみたいです。
その後の待合室で普通に座って待っていることが出来なくて横になって待っていたそうです。
その時の診断は肺炎でした。
その後も状態はあまり改善しなかったため入院となりました。
間質性肺炎に加えブラ(肺の組織が破壊されてガス交換が出来ない状態になっている状態)も大くみられたそうです。
そして治療するも間質性肺炎に関しては全くよくなるどころか膿胸(胸腔内に膿がたまった状態)も併発しました。

ここまで来ると呼吸状態も悪くなっていて酸素マスクがないとダメな状態でした。
それでもご飯もしっかり食べていたし、まさか死がこんな身近にきているとは思いませんでした。

事態が急変したのは4月21日の木曜日。
それまであった食欲がぱたりとなくなり、意識も朦朧となり下顎呼吸(死の直前の呼吸だとされています)が出てきました。
今夜はもたないかもしれないと医師からの宣告。
それでも弟は頑張ってくれました。
私が実家に戻った金曜日の夜~朝にかけては少し意識もはっきりして言葉を交わすこともできました。
ご飯が食べたいとも言ってくれました。

そして私たち家族は決断しました。
弟をお家に連れて帰ろうと。
もちろん病院に入院していれば呼吸が止まっても何かしらの方法で延命が出来るかもしれない。
でも私たちはそんなことは望んでいませんでした。
そして何より弟がずっとずっと「家に帰りたい」と言っていた意志を尊重してあげたかったんです。

4月23日(土)酸素マスクをつけた状態で弟はお家に戻りました。
退院するときも意識はあまりはっきりしない状態でしたが、
お家に帰ってきたのは分かっていたと思います。
お家に帰ってきたよって声をかけるととっても嬉しそうな顔をしていました。

そしてその数時間後、
弟は静かにその短い一生を閉じました。

やっぱり連れて帰らなければ数日でも長く生きれたんじゃないかって思いももちろんあります。
でもお家に帰るために毎日病院でも検査を頑張り、
「後ちょっとで帰れる?」「明日帰れる?」「後少し?」としきりに言っていた弟のことを思うとあの日病院からお家に連れて帰ってよかったと思ってます。
そして何より弟がお家に帰ってこれたことを喜んでいたのでこれでよかったのだと思います。
きっとお家に帰ってきて安心して息をひきとったんじゃないかなぁ。

お通夜と告別式にはたくさんの人がお別れをしに来てくれました。
去年なくなった祖父と同じ会場で行いましたが、祖父の時同様、会場に入りきれないほどの人が集まってくれました。
弟は障害も病気もありましたが、とっても素直で優しくて周りの人たちを幸せにしてくれる子でした。
そんな弟の人柄がこれだけの人を集めたのだと思います。
そして私の家族がいつも仲良く一つになれたのも弟のおかげだと思います。

弟は本当にたくさんの幸せや素敵な縁を運んでくれました。
きっとたくさんの人に愛されていた子だと思います。
29歳という若さで一生を終えてしまった弟ですが、
きっとこれからも私達家族や親族、そしてたくさんの仲間たちの胸にずっと生き続けている事と思います。

今でも、実家に帰ったら「おねーちゃん、お帰り」って言って出迎えてくれる弟がいるような気がします。
今でも「何してますか?」「○○が欲しいです」ってメールが弟から来るんじゃないかって気がします。

でも、もうほんとにいないんだよね・・・。

今はただただ悲しい思いでいっぱいだけど、いつか穏やかな気持ちで家族と弟の思い出話ができる日がくるといいな。


Sちゃん、たくさんの幸せをありがとう。
私はSちゃんが私の弟であったことを誇りに思います。
また会う日までちょっと離れちゃったけど、向こうの世界で元気にね。
そしてパパやママ、私達を見守っていてね。

ほんと今までおつかれさまでした。
そしてありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 22:32:57|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0

プロフィール

miho

Author:miho
東京都在住
ミニピンの男の子
Rocheをお迎えしました♪

Roche(ロッシュ):
 Birthday 2008.12.12
 お迎え 2009.2.22(生後74日)
 出身地 兵庫県
 Color ブラック&タン
 性別 ♂
 体重 1.1Kg(3ヵ月)
    1.7Kg(4ヵ月)
    2.0kg(5ヵ月)
    2.2Kg(6ヵ月)
    2.7kg(8ヵ月)
    2.7Kg(10ヵ月)
    2.7Kg(1歳)
    2.9Kg(1歳6ヵ月)
    2.6Kg(2歳)
    2.5Kg(2歳6ヵ月~)

イタグレの女の子
CIPHERをお迎えしました♪

CIPHER(サイファ):
 Birthday 2010.11.08
 お迎え 2011.01.29(生後85日)
 出身地 大阪府
 Color ブルー&ホワイト
 性別 ♀
 体重 2.0Kg(3ヵ月)
    2.45Kg(4ヵ月)
2.9Kg(5ヵ月)
    3.2Kg(6ヵ月)
3.3Kg(7ヵ月)
3.4Kg(8ヵ月)
    3.7Kg(10ヵ月)
    3.9Kg(1歳)
    3.8Kg(1歳6ヵ月)

カレンダー

02 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大きくなりました♪

ただいま成長中♪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (9)
しつけ (8)
日記 (11)
病院 (17)
記念日 (18)
ご挨拶 (7)
お散歩 (3)
ドッグラン (32)
お遊び会 (35)
お出かけ (33)
ファッション (11)
おやつ (2)
ドッグスポーツ (17)
お友達 (3)
親戚さん (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マウスについてくる犬の足跡

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。